スケジュールのイメージ



ここでは、 PDCAをどのような時間軸でまわしていくとよいかをご説明します。

process_schedule_1

こちらはイメージですので、各社様の状況に応じて調整を行ってください。

データ取得0.5ヶ月前

導入責任者、担当者が以下を行います。

  • 活用目的と具体的な取り組みを明確にする
  • データ活用に向けた関係者の役割とスケジュールを決める

データ取得0.5ヶ月目

導入責任者、担当者を中心に以下を行います。

  • 日々データを眺めることで、店舗の状態を把握し、指標や数値に慣れる
  • これまでの経験を踏まえた仮説通りに数値が動いているか確認する
  • 日々の数値の変化から、施策と照らし合わせ、仮説を立てる
  • 関係者に事前にデータ、論点をシェアする

データ取得1ヶ月目

活用プロジェクトキックオフを行います。

  • 取り組みの目的、データの活用方法、各自の役割、スケジュールを関係者に周知する

データ取得1.5〜2ヶ月目

関係者と一緒に仮説に基づいたアクションを立案、計画に落とします。

データ取得2〜3ヶ月目

アクションを実行します。

データ取得3〜3.5ヶ月目

Insight for Retailで得られた数値の傾向、実行アクションの結果を経営層・関係者でレビューし、改善につなげていきます。