来客属性



店舗にカメラを設置することで「来客者の属性」に関する計測をすることができます。


属性推定の仕組み

店舗には、以下のような形でカメラの設置・設定をさせていただきます。

data_demographic_small_1

① カメラ

店舗の奥の方に、入り口に向けてカメラを設置します。

② 顔画像の撮影

撮影している映像の中から顔画像を特定し、属性推定をします。

③ カメラ画角範囲

一台のカメラで撮影できる範囲は決まっていますので、もっとも出入りの多い入り口をカバーできる位置にカメラを設置します。

お客様と店舗スタッフを区別することはできません。



属性推定の対象となるケース

属性推定の対象となる有効なケースは以下の通りです。

data_demographic_small_2

  • カメラの撮影画角範囲内で店内へ入店する動き
  • 上記かつ、属性推定をするに足る、顔の特徴を捉えられている画像を取得できた場合

属性推定の対象となりにくいケース

属性推定の対象となりにくいケースは以下の通りです。

data_demographic_small_3

  • 1) カメラの撮影画角範囲外で店内へ入店する動き
  • 2) カメラの撮影画角範囲内で店内へ入店する動きだが、顔の特徴を捉えられなかった場合
    • 帽子などで顔の一部が覆われている
    • 顔の角度によって顔の一部を認識できない