動線



店舗にセンサーを設置することで、お客様の回遊状況を測ることのできる「動線」に関する計測をすることができます。

動線分析の仕組み

店舗に設置させていただくセンサーは、以下のような仕組みになっています。

data_tracking_small_1

① センサー

店内の天井にセンサーを設置させていただきます。

② 照射範囲

センサーの照射範囲内にマス目を作り、お客様が各マス目を通過するのにかかった時間を計測します。
各マス目で取得できたデータを繋げていくことで動線になり、その秒数やルートを計測しています。
1台のセンサーが照射できる範囲は決まっていますので、店舗面積全体をカバーできる分の台数が必要になります。

レイアウト設定

店内のお客様の行動を正しく計測できるよう、店内の状態について、レイアウトの指定をしていただく必要があります。
指定いただいた内容をもとに、ABEJAでデータ取得のための設定をさせていただきます。

data_tracking_small_2

① ソースエリア

動線が出現したことを検知するエリアです。
このソースエリアから出現した動線を人とみなし、店内行動の計測をします。
主な設置場所:
 ・店舗の出入り口
 ・スタッフルームの出入り口 など

② シンクエリア

動線が消失したことを検知するエリアです。
このシンクエリアに触れることで、その人は退店した(動線が途切れた)とみなします。
主な設置場所:
 ・店舗の出入り口
 ・スタッフルームの出入り口 など

③ クルーエリア

一定秒数以上滞在すると、その動線を店舗スタッフとして検知するエリアです。
店舗スタッフとして認定された動線は、クルーエリア内に入る前の行動も全て遡って店舗スタッフとして解析され、お客様に関する行動分析データからは除外されます。
主な設置場所:
 ・スタッフルームの出入り口
 ・店舗スタッフ以外の通行があまり発生しないエリア など

④ キープアウトエリア

人の立ち入りができないことを示すエリアです。
基本的に人以外の検知をすることはありませんが、誤判定を防ぎ精度を向上させるために設定をしております。
主な設置場所:
 ・棚
 ・店舗前(テナント店舗の場合、店前通行を店内行動と誤検知することを防ぎます) など

⑤ エリア

データの集計範囲を区切るためのもので、店内で区画分けがされている場合などに利用できるエリア設定です。
主な設定ケース:
 ・店内でメンズとレディースで区画分けされている場合
 ・商品カテゴリで区画分けされている場合 など

⑥ 棚

データの集計範囲を区切るためのもので、より狭い領域で細かく分析したい場合に利用できる棚設定です。
但し、データの煩雑化や誤検知を防ぐため、棚幅の区切り位置は1メートル以上で設定することを推奨いたします。

レイアウト設定した内容についてサービス開始以降に変更が生じる場合は、内容によっては費用を頂戴する場合があります。
また、過去に遡って変更後の内容を反映させることはできません。
正しい計測ができるよう、初期設定時にご不明な点があればサポートチーム(support@abejainc.com)か営業担当の者までご連絡ください。



パラメーター設定

レイアウト設定が完了したら、データを集計するためのパラメーターの指定をしていただく必要があります。
指定いただいた内容をもとに、ABEJAでデータ取得のための設定をさせていただきます。

① クルー判定秒数

クルーエリア内で店舗スタッフとして検知する際、何秒以上の滞在を条件とするかご指定ください。
設定しているクルーエリアがお客様の通行が発生する場所なら長めの秒数、ほぼ店舗スタッフの通行しかない場所であれば短めの秒数でも問題ありません。

data_tracking_small_3

但し、クルーエリアをスタッフルームなどの出入り口に設定している場合は、クルーエリアとシンクエリアがセットで設定されている状態になります。
つまり「ここは店舗スタッフのみが出入りできる場所である」という定義がシステム上されるので、スタッフルームへの出入りをすれば、上記秒数の滞在をせずともクルー判定がされます。

② 接客判定の距離

クルーエリアで店舗スタッフとして認識された動線とお客様の動線が一定距離以内にいる場合、「店舗スタッフが接客をしている状態」と定義されます。
その際に、何mm以内の距離に近付いている状態を接客とみなすか、ご指定ください。
店舗の広さや普段の接客の仕方に依存しますので、店舗スタッフにもヒアリングをしてみてください。

パラメーター設定した内容についてサービス開始以降に変更が生じる場合は、内容によっては費用を頂戴する場合があります。
また、過去に遡って変更後の内容を反映させることはできません。
正しい計測ができるよう、初期設定時にご不明な点があればサポートチーム(support@abejainc.com)か営業担当の者までご連絡ください。



レイアウト設定・パラメーター設定を経て集計されたデータをDashboardに表示する際に、更にフィルターをかけて実態に近い形で表示することができます。
詳細に関しては、以下ページよりご確認ください。