店前通行量



店舗の入り口の両端にカメラを設置することで「店前通行量」に関する計測をすることができます。

店前通行量カウントの仕組み

店舗の入り口の両端には、以下のような形でカメラの設置・設定をさせていただきます。

data_outside-counting_small_1

① カメラ

店舗の入り口の両端に設置をします。

② カウントライン

店舗の両端をカウントラインとして、そのラインを店舗の入り口の向きに越えた人を店前通行数として計測します。

③ カメラ画角範囲

店前通行量を計測するにあたってなるべく誤カウントを排除するために、入店ライン周辺の映像(=カメラ画角範囲内に収まる映像)を活用しています。
天井高によって取得できる範囲が異なりますので、都度店舗の図面をお預かりして計測できる範囲を確認させていただきます。

お客様と店舗スタッフを区別することはできません。



有効カウントとなるケース

店前通行量としてカウントされる有効なケースは以下の通りです。

data_outside-counting_small_2

  • 1) 店舗の両端から店内に向かって店前を通行する動き
  • 2) 一度店舗前を通行し、カメラ画角範囲から外れて再度店内に向かって店前を通行する動き
    • この場合、1人が2度店前を通行 = 店前通行量2人として集計されます
    • 例)店舗の様子を伺い、一度離れてから入店するようなケース

無効カウントとなるケース

店前通行量としてカウントされない無効なケースは以下の通りです。

data_outside-counting_small_3

  • 1) ラインを越えない動き
  • 2) 店内から店外に向かって退店する動き
  • 3) カウントライン上で一度方向転換し、カメラ画角範囲内で店内に向かって店前を通行する動き

店舗形態によっては取得できるデータに限りが生じる可能性がありますので、弊社担当者までご相談ください。