立ち寄り



店舗にカメラを設置することで店内の特定エリアへの「立ち寄り」に関する計測をすることができます。


立ち寄り分析の仕組み

店舗には、以下のような形でカメラの設置・設定をさせていただきます。

data_area-tracking_small_1

① カメラ

店内の立ち寄り計測をしたい特定エリアの天井にカメラを設置します。

② 計測エリア

立ち寄り計測をしたい特定のエリアを計測エリアとして、枠内を通行した人を通行者数、立ち止まった人を立ち止まり数として計測します。

③ カメラ画角範囲

天井高によってカバーできる範囲が異なりますので、都度店舗の図面をお預かりして計測できる範囲を確認させていただきます。
来客人数・店前通行量を計測するのと同じカメラを使用しますが、エリア計測についてはカメラ映像の結合ができないため、1台のカメラでカバーできる範囲を1エリアとして計測します。

お客様と店舗スタッフを区別することはできません。



有効カウントとなるケース

通行者数・立ち止まり数としてカウントされる有効なケースは以下の通りです。

data_area-tracking_small_2

  • 1) 計測エリア内に向かって侵入し、そのまま通過していく動き = 通行者数
  • 2) 計測エリア内に向かって侵入し、10秒以上エリア内に滞在した後に計測エリア外に向かって進んでいく動き = 立ち止まり数
  • 3) 一度計測エリア内を通行し、カメラ画角範囲から外れて再度計測エリアに侵入する動き
    • この場合、1人が2度計測エリアを通行 = 通行者数2人として集計されます

無効カウントとなるケース

通行者数・立ち止まり数としてカウントされない無効なケースは以下の通りです。

data_area-tracking_small_3

  • 1) カメラ画角範囲には入っているが、計測エリアへの侵入がない動き
  • 2) 計測エリア内を通行し、計測エリア外で10秒以上滞在した後にカメラ画角範囲外に向かって進んでいく動き
    • この場合、通行者数としてはカウントされるが、立ち止まり数としてはカウントされない