現状を知る



現在の店舗の状態について、3つの切り口からデータを確認することができます。

画面構成

「現状を知る」は、2つのパーツによって画面が構成されています。

uni-demo-kpi_1 ① タブ
選択期間における、3つの切り口の各種平均や合計の値が表示されています。各数値の下に小さく表示されている緑(+)/赤(-)の数字は、選択期間と同日数の、直前の期間からの変化を示しています。

② グラフエリア
タブを選択するとタブ下部に緑色のハイライトが付き、グラフエリアに関連するグラフが表示されます。切り口によって表現が異なりますので、詳しくは以降の説明をご確認ください。



現状を知る

3つの切り口で表示されるタブ・グラフエリアの詳細は以下の通りです。

1) 来客性別の傾向は?
uni-demo-kpi_2 ① タブ
選択している期間、来店したお客様の男女比率を示しています。

② グラフエリア
選択している期間における男女比率の推移を、選択しているデータの単位ごとに棒グラフで表現しています。グレーの折れ線グラフは来客人数を示しています。

読み解き方のヒント

  • 来客人数が増えている/減っているタイミングで、男女比率の変化に法則性はありますか?
    • 例えば来客人数が増えると女性比率が高まる傾向があるなら、来客人数が増えると予測される土日祝日などには女性のお客様をお迎えする準備を整える、など、打ち手がないか考えてみましょう。


2) 来客年代の傾向は?
uni-demo-kpi_3 ① タブ
選択している期間、来店したお客様の平均年齢と、もっとも多かった年代を示しています。

② グラフエリア
選択している期間における年代比率の推移を、選択しているデータの単位ごとに棒グラフで表現しています。グレーの折れ線グラフは来客人数を示しています。

読み解き方のヒント

  • 特定の年代比率に変化が生じているタイミングはありますか?
    • 特定の年代の比率が不規則に増えているタイミングがあれば、店舗あるいは周辺環境に何か変化があった可能性があります。
    • 店舗スタッフと連携して、その理由を探ってみましょう。


3) 入店率と来客属性の傾向は?
uni-demo-kpi_4 ① タブ
選択している期間の平均入店率と、店前を通行したお客様の合計人数を示しています。

② グラフエリア
他2つのタブで表示されていた棒グラフに、入店率の推移を示す折れ線グラフが重なって表示されています。

読み解き方のヒント

  • 他2つのタブで来客人数と性別年代の関係性を確認したように、今度は入店率と掛け合わせて関係性を見てみましょう。
  • 入店率が高まっているタイミングで、変化を示している特定の性別・年代はありますか?

店前通行量計測を行っていない店舗では、このタブをご活用いただけません。
仕組みについてご興味をお持ちの方は、データの取得方法>店前通行量からご確認ください。



分析して仮説を考える

上記3つのタブで店舗の現在の状況を把握したら、店頭での打ち手がないか、分析を深めて考えてみましょう。