来客人数を増やす示唆を得たい



来客人数の増減が起きていた理由を考え、来客人数を増やすためのヒントを探る分析です。

どんな時に来客人数が増減しているか?

分析カード「来客人数を増やす示唆を得たい」をクリックすると、次のグラフエリアが表示されます。
グラフの下には、選択した期間中に実施していた店舗施策の一覧が表示されていますので、どのように来客人数に影響を及ぼしていたか確認しましょう。

uni-counting-card1_1

データの単位で「時間次」あるいは「日次」を選択している場合に限り、グレーの横線と点線で「日次」の平均の数値が表示されます。

  • グレーの横線:選択期間中の平日の平均来客人数
  • グレーの点線:選択期間中の休日の平均来客人数

緑色の来客人数のグラフと比較して、平均を上回っている・下回っているタイミングに注目してみましょう。

・「休日」のデータには、土日と祝日が含まれます



曜日別、時間帯別の来客傾向はどうなっているか?

「次の分析へ進む」を選択すると、次のグラフエリアが表示されます。
ここでは、期間中の来客人数を曜日別・時間帯別に分解して、分析を深めてみましょう。
来店傾向からお客様のライフスタイルを想像し、お客様に合った来店施策を考えましょう。

uni-counting-card1_2

① 平日と休日の平均来客人数/日

期間中の平日と休日における、一日あたりの来客人数の平均値を表示しています。
*「休日」のデータには、土日と祝日が含まれます

② 曜日別の平均来客人数/日

期間中の曜日ごとの、一日あたりの来客人数の平均値を表示しています。

③ 平日と休日の時間帯別の平均来客人数/日

横軸が営業時間、縦軸が人数を示しています。
平日・休日それぞれの来店傾向が折れ線グラフで表示されており、山ができているところが平均的な来店のピークタイムを示しています。
*「休日」のデータには、土日と祝日が含まれます

④ 時間帯別の来客傾向

曜日ごと・時間帯別の、平均的な来客人数をヒートマップで表示しています。
色が濃くなれば濃くなるほど来客人数が多いことを示しているので、例えば以下のようなことを確認し、来客人数を増やすヒントがないか考えてみましょう。

  • 来客人数が多い時間帯に十分な店舗スタッフの人数を配置できていたか?
  • 来客人数の少ない時間帯に、ピークタイムに備えて店舗のメンテナンスができているか? など



さらに分析しよう

uni-counting-card_2

ここまでの分析の中で、何かヒントは得られましたか?
他の角度からの分析を実施したい場合は、表示されている他の分析カードの選択肢から適したものを選んで、次に進みましょう。