動線分析設定



ここでは、「動線分析設定」ページのご説明をします。

この設定画面は、動線分析サービスを導入している店舗向けの機能です。



動線分析設定

サイドバーから「設定」>「動線分析設定」をクリックすると以下のような画面が表示されます。

setting_tracking_large_1

動線分析を導入している店舗での各種データ集計について、このページから条件を指定することができます。

複数店舗で動線分析を導入している場合、ここでの変更内容は全ての店舗に反映されますので、変更を加える際はご注意ください。



設定条件について

全ての条件設定に通ずる内容として、以下をご認識のうえ設定をお願いします。

  • 各最小値・最大値は0以上の整数で秒数をご指定ください
  • 最大値の設定を不要とする場合は「-1」とご記入ください
  • 店舗で設定していない機能が含まれている場合は、以下の数値を入力してください(例:棚設定はしているけど、エリアは未設定、等)
    • 最小値:1
    • 最大値:2

setting_tracking_large_2

① 「?」マーク

各項目名の右側に表示されている「?」マークをクリックすると、項目に関する概要説明をご確認いただけます。
Dashboardを操作中に概要を再確認したい場合はこちらをご利用ください。
より詳しい説明が必要な場合は「動線分析設定について」をクリックいただくと、このページにアクセスすることができます。

② 滞在時間 (秒)

滞在時間とは、1人のお客様が入店し、退店するまでにかかった時間を指します。

setting_tracking_small_1

何秒以上・何秒以下の滞在時間のお客様を対象に集計をするか、ご指定ください。

  • 最小値:店舗の入り口近辺に少しだけ入店してすぐに退店するケースなど、滞在時間の短いお客様を集計の対象外としたい場合などにご活用ください
  • 最大値:店舗スタッフなど、店内に長時間滞在する可能性のあるお客様ではない人物を対象外とするためにご活用ください

③ 接客時間 (秒)

この機能を活用するためには、店内レイアウト設定時に「店員フラグ」を付与する店員判定エリアを設けていることが条件となります。
接客時間とは、お客様の動線と、店員フラグのついた動線が、一定距離以内にいる状態(=店舗スタッフが接客をしている)を指します。

setting_tracking_small_2

何秒以上・何秒以下のときに接客とみなすか、ご指定ください。

  • 最小値/最大値:以下のような場合の誤判定を防ぐためにご活用ください
    • 店舗面積が狭く、一定距離以内に近づきやすい
    • 品出しなどで店舗スタッフが一箇所に留まり続けて、一定距離以内に近づきやすい

お客様動線と店員フラグ付き動線の距離についてはサービス導入のタイミングで設定させていただきます。
サービス利用中にも変更をすることは可能ですが、過去のデータに遡って再解析することはできませんのでご留意ください。


④ 試着室時間 (秒)

実験導入店舗を除き、現在は通常サービスとしてのご提供はしておりません。

設定した試着室エリアに対して侵入・退出した時間を試着室利用とみなし、何秒以上・何秒以下の滞在時間を対象として集計するか、ご指定ください。

⑤ 棚立ち止まり時間 (秒)

この機能を活用するためには、店内レイアウト設定時に「棚」を設定していることが条件となります。
棚立ち止まり時間とは、棚から一定距離以内にお客様の動線があり、かつ、一定スピード以下(=商品に集中している、すなわち「立ち止まり」とみなす)で通行しているお客様の動きを指します。

setting_tracking_small_3

何秒以上・何秒以下の棚立ち止まり時間を対象に集計をするか、ご指定ください。

棚からの距離、および、立ち止まりとみなす通行スピードについてはサービス導入のタイミングで設定させていただきます。
サービス利用中にも変更をすることは可能ですが、過去のデータに遡って再解析することはできませんのでご留意ください。


⑥ エリア侵入時間 (秒)

この機能を活用するためには、店内レイアウト設定時に「エリア」を設定していることが条件となります。
エリア侵入時間とは、特定エリア内へのお客様の動線の侵入(=エリア内を回遊している状態)を指します。

setting_tracking_small_4

何秒以上・何秒以下のエリア侵入時間を対象に集計をするか、ご指定ください。

  • 最小値:特定エリア内を見て回っていると解釈するには満たない動きを対象外としたい場合などにご活用ください
  • 最大値:品出しなどで店舗スタッフが一箇所に留まり続ける可能性のある人物を対象外とするためにご活用ください

⑦ エリア立ち止まり時間 (秒)

この機能を活用するためには、店内レイアウト設定時に「エリア」を設定していることが条件となります。
エリア立ち止まり時間とは、特定のエリア内において一定スピード以下(=商品に集中している、すなわち「立ち止まり」とみなす)で通行しているお客様の動きを指します。

setting_tracking_small_5

何秒以上・何秒以下のエリア立ち止まり時間を対象に集計をするか、ご指定ください。

  • 最小値:特定エリア内を見て回っていると解釈するには満たない動きを対象外としたい場合などにご活用ください
  • 最大値:品出しなどで店舗スタッフが一箇所に留まり続ける可能性のある人物を対象外とするためにご活用ください

立ち止まりとみなす通行スピードについてはサービス導入のタイミングで設定させていただきます。
サービス利用中にも変更をすることは可能ですが、過去のデータに遡って再解析することはできませんのでご留意ください。


⑧ 手伸ばし時間 (秒)

実験導入店舗を除き、現在は通常サービスとしてのご提供はしておりません。正式リリースまでお待ちください。

棚に向かって手を伸ばしている状態を手伸ばし(=商品を確認している)とみなし、何秒以上・何秒以下を対象として集計するか、ご指定ください。


全ての設定が完了したら、「設定を保存する」で設定内容を保存してください。
これで動線分析サービスに関わるデータ集計条件の設定が完了です。